合唱団紹介

飯森範親氏を音楽監督に迎えて

2009年6月に京浜地区(大田区、品川区、川崎市、横浜市)を拠点とする新しい混声合唱団「コーロ・フォレスタ」が誕生しました。

東京交響楽団の正指揮者、山形交響楽団の音楽監督そしてドイツ・ヴュルテンベルクフィル管弦楽団の首席客演指揮者などをつとめ、超多忙な飯森範親氏に「混声合唱団 コーロ・フォレスタ」を音楽監督としてご指導いただいております。

京浜地区での新しい合唱団を設立する構想に、神奈川県の出身で故郷での音楽活動に関心を示された飯森氏がご賛同いただいたことで実現しました。飯森氏はこの合唱団が、質の高い素晴らしい合唱団に育つことを強く望まれ熱意あふれるご指導をいただいております。

合唱団の名前は飯森先生の苗字の一字、森(フォレスタ)を頂戴して名づけました。
第1回演奏会は2010年11月6日に開催いたしました。モーツアルトの孤児院ミサ、シューベルトのミサ曲第6番を、飯森範親指揮により東京交響楽団のメンバーによるオーケストラと共演、そして第2回演奏会は2012年4月6日(金)/第3回演奏会は2013年5月20日(月)/第4回演奏会は2014年5月17日(土)共にみなとみらい大ホールで山形交響楽団と共演、第5回演奏会は2015年6月20日(土)同ホールでアンサンブル・フォレスタと共演し成功を収めました。

第6回演奏会は2016年5月3日(火・祝)ミューザ川崎シンフォニーホールにて、飯森範親指揮により山形交響楽団と共演し、ジョン・ラター/レクイエム、モーツァルト/ヴェスペレ(晩課)KV339 をオーケストラ伴奏付きで歌い成功を収めました。

飯森範親氏プロフィール

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積む。94年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、大阪・オペラハウス管弦楽団常任指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年の東京交響楽団ヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。03年、NHK交響楽団定期演奏会でマーラー:交響曲第1番を指揮し、年間ベスト10コンサートに選ばれる。04年シーズンより山形交響楽団の常任指揮者に着任し、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚しい成果を挙げている。07年より音楽監督に就任。08年にはアカデミー賞映画「おくりびと」にも出演するなど、「飯森&山響」コンビのエネルギッシュな活動はいま大きな注目を集めている。オーケストラを革新し、地域活性化に貢献したことから、2010年のビジネス・イノベーション・アワード大賞(主催:日本経営士会)を受賞し、2011年には山形県より齋藤茂吉文化賞を受賞。近年は音楽家としての活動のみならず、こうしたアートマネジメント分野でもその才能を発揮し、日本経営士会名誉会員として活躍の場を広げている。
海外ではフランクフルト放送響、ケルン放送響、チェコフィル、プラハ響、モスクワ放送響、ホノルル響など世界的なオーケストラを指揮。01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督に就任、日本人指揮者とドイツのオーケストラの組み合わせとしては史上初の快挙となる「ベートーヴェン交響曲全曲」のCDをリリースし、06年の日本ツアーを成功に導いた。
国内外の多くのオーケストラとの間に築かれた類稀な信頼関係、信頼を裏付ける着実な活動の輪の広がりが高く評価され、05年「渡邉暁雄音楽基金 音楽賞」を受賞。さらに、近現代作品や日本人作品の初演・再演に対する業績により、06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度 中島健蔵音楽賞を相次いで受賞した。2012年東京交響楽団との《レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」》はレコード芸術誌特選盤に選ばれた。
現在、山形交響楽団音楽監督、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団名誉指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。2014年4月より、日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任。